傘寿祝いガイド

傘寿祝いとは

傘寿祝いとは数え年で80歳の長寿のお祝いです。

傘寿の由来は傘が中国語の略字で八十で読めること、また傘が開く、末広がり、などの意味から「傘寿」と言われるようになったという説があります。

傘寿の前の長寿祝いは一般的には還暦祝いが60才、古希の祝い70才、喜寿の祝い77才です。実際の年齢より若々しい人が多い現在、傘寿の祝いあたりからが「長寿祝い」らしくなってくるかもしれません。

実際、日本の男性の平均寿命は70歳代ですので、傘寿は本当の意味で長寿を祝うとも言えるでしょう。

傘寿祝いのしきたり

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこなどを贈るしきたりがありますが、これは「暦が一巡し、赤ちゃんに戻る」という意味からきています。調べてみると傘寿の色は「金茶色」「紫色」などの説もありますが、現代の一般的な考え方では、還暦以外の長寿祝いには特に決まった色はないようです。

先にも述べたように、80歳を祝う傘寿は、現代では本当の意味での長寿祝いとも言えますので、元気で長生きできたことを家族や親戚、知人でお祝いしてあげることが大切です。

ただし、こちらが主催するといっても、傘寿祝いの主役は本人ですので、場所や食事の内容、贈り物など、傘寿を迎えた本人の意思を尊重してあげることが大切だと思います。

またこれは各人それぞれですが、80歳を迎える頃、現役が長かった方であっても、次代に様々なことをバトンタッチする時期に差し掛かっている方も多いかもしれません。親しい方、お世話になった方等に自分の言葉で感謝の気持ちを伝えるラストチャンス、と捉えることもできますね。

身内だけでお祝いするのもいいのですが、本人が望めば、色々な知り合い等に集まっていただいて、これまでの関係やご恩に感謝する会という位置づけにしても、人生の節目として非常に意味のあるお祝いになるのではと思います。

いずれにしても、本人の現在の生活や意向を確認してから計画してあげると、お互いに意義のある会にできるのではないでしょうか。

傘寿の祝宴に招待されたら

傘寿祝の会に招待され、お祝いを包んでいく場合、表書きは「長寿御祝」 「寿福」「祝傘寿」等とします。

傘寿祝い当日に参加せずに、品物を贈る場合、遅くても傘寿祝いの会前日迄には届けるようにするのが礼儀です。

傘寿祝の贈り物・プレゼント(ありがとうを伝えたいあなたに)

傘寿祝いの贈り物やプレゼントはこれというしきたりは無いようですが、漢字にちなんで傘を選ぶ方もいるようです。

ただし、80歳ともなると、生活習慣やライフスタイルも人それぞれですので、趣味や嗜好を配慮した贈り物を選んであげるのがよいでしょう。

傘寿祝いにふさわしいもの、というよりも、本人が望むものや食事などの意見を聞いて準備することが、楽しみになるのではないでしょうか。

品物を傘寿祝いに贈る場合、特に指定なく選ぶ場合は、少し若い感覚の明るくお洒落なお祝いが喜ばれると思います。

そこでご紹介するのが「花なまえの詩」の贈り物です。

お祖父ちゃんやお祖母ちゃんのお名前で詩(ポエム)をつくり、素敵なイラストを添えてくれます

人生の歴史を振り返り、ご家族の様々な「想い」をぎゅっと詰め込んだ傘寿祝いのプレゼントです。

普段なかなか言えない「感謝の気持ち」を伝えるチャンスです!

形式にこだわるより傘寿を迎えた方の気持ちを尊重し、喜んでもらえる品を選ぶのが傘寿祝いのプレゼント選びのポイントです。